CATEGORY 雑記

春と夏の隙間の時期に感じる「旬」

カラブリア州コセンツァ市界隈、日差しはすっかり夏なのに、心地よい風が吹く一番良い季節が到来しています。 少し郊外に行けば収穫しきれないサクランボがたわわになっていて、知り合いのおばさんから「持って行きな~」と渡されること…

結婚してから10年。これからもよろしく。外出禁止令の中の記念日の食卓

先日、結婚10周年の記念日を迎えました。ボローニャ市で挙式してから10年、あっという間で怖いぐらいですなw シャクヤクの花が好きで、時期的にちょーっと早い物を花屋にわがままを言って仕入れて貰ったのもまぁ良い思い出です。挙…

手を取り合って乗り越える。カラブリア州コセンツァの何層にも渡るセーフティーネット

ナポリ由来の文化で、Caffè sospesa(カッフェ・ソスペーザ)という物があります。バーでエスプレッソを頼んでお支払いの際に、1杯分の代金を余計にお支払いしたりお釣りを断ったりする事でバーに積立金が溜まり、コーヒー…

一時帰国のご報告・その3ノ3 大阪から敦賀へ。 サンダーバードが好きすぎる♡

この水墨画の様なのどかな風景は、きっと平安の人たちも愛した光景。琵琶湖の脇を抜ける特急・サンダーバードは、私が特別好きな電車でして。大阪に宿を取ったら時間が許す限り福井方面に移動したく思うぐらい好き、なんです。 大阪から…

カラブリア州より あけましておめでとうございます。

2020年、あけましておめでとうございます。日本に行ってきますの前回記事から忙しさにかまけて放置がちでしたが・・無事にイタリアに戻り、友人たちとワイワイ楽しく新年を迎えました。本年もゆるりとブログ更新の予定。引き続きよろ…

「イタリアの美しい村I Borghi più Belli d’Italia」ボーヴァ(Bova)。希少言語・グレカニコ(Grecanico)とそれにまつわるアレコレ。

「イタリアの美しい村(I Borghi più Belli d’Italia)」に選出されているカラブリア州南部の村・ボーヴァ(Bova)。海岸線から遠く離れた内陸の、悲しくなるほど荒涼とした丘の上に作られた…

レッジョカラブリアが好き。

王様がいたシチリアが目の前、地中海交通の要衝・メッシーナ海峡の「こちら側」という土地柄。レッジョカラブリア市は常に政治・経済の中心でした。現在でもカラブリア州内で政治・経済といったらレッジョかコセンツァ。コセンツァ市がナ…

このトップ画像、普通のカラブリア州前菜盛り合わせに見える?カラブリア州最新農業(?)事情。

変なタイトルでお届けします(笑と、いうわけで。トップ画像、カラブリア州某所レストランの前菜盛り合わせの一部。季節の野菜・サラミ・チーズなどがもりっと乗っている、よくある前菜・・に見えますでしょうか? あれ? 前菜盛り合わ…

カラブリア州でのトレッキング(ノルディックウオーキング)は、絶対牛に会う。416番コースの様子

ネット環境が非常に悪い山荘でゆっくりしている時間の無かった今年の夏。コゼンツァの家に1日いるのは暑いので、ランチ後にシラ国立公園内のトレッキングコースをあちこち回っていました。 ちなみに日中最高気温が40℃近くあった日も…

カラブリア州旧家の納戸探検は強烈でござる@コセンツァ

コセンツァ県内でも有数の旧家ご出身の友人から、納戸を掃除するから遊びに来ないか、と大変非常識な連絡がありまして(笑。ホイホイ出かけていく私もアレですが、掃除要員に友人を呼ぶユルイ神経のこの友人も相当アレかと思います(笑ま…

そろそろキノコの季節。牛がデフォのシラ国立公園へワンコと一緒に

カラブリア州コゼンツァの自宅から車で30分のシラ国立公園。ポルチーニをはじめとするキノコが採れる場所としても非常に有名で、それぞれの家庭が代々伝わる秘伝の「キノコの場所」を持っていたりします(笑 特にポルチーニは少し雨が…

ユダヤ教徒の日常生活を覗きに。コーシャのイベントに参加してきました(最後にお得なお知らせあり♪)

ユダヤ教徒が厳格に守るお食事のルール「コーシャ」についてのイベントに参加してきました。友人が企画・運営したこのイベント、コーシャを取り扱うイベントとしてはカラブリア州初めてとなります。 イスラム教徒のハラールに似ている考…