TAG 雑記

内装はいまいち。でも抜群に美味な、化学調味料を使わない魚介レストラン

褒めているんだかけなしているんだかわからないタイトルですが。。そのまんまですw語りだすと長い頑固おやじ系シェフが、化学調味料を使わずしっかり作り込んでいる魚介レストラン。素材の味がわかる方には絶対おススメです。 ただし、…

カラブリア州でも泡。メソッドクラシコ(Metodo Classico)登場!ボトリングの日のお祭りに行ってきました。

かつてエノトリア(ワインの地)と呼ばれていたカラブリア州のワイン業界。強烈な日差しに恵まれる気候を生かし、主力は常にアルコール度高めの赤ワインでした。昨今の州ワイン状況は、ちょっと強烈すぎる個性の土着品種100%の赤の中…

簡単レシピ。スキレットで作る、下はカリカリ上はふんわりピザ。

スキレットを使うとお尻の部分もかりっかりなピザに仕上がります。見た目が悪いのが玉にきずなんだけれど。。自宅で食べるんだから気にしない、気にしない。 我が家では低温発酵&酵母の量を最低限まで減らしたレシピで作るので、前日の…

「カラブリアの小麦」がテーマの小さなイベントで思う、便利さと郷土文化のはざま

カラブリア州の小麦の文化。現代まで伝わっている古代品種が多数「再発見」されているカラブリアでは、各地で地場産小麦を見直そうという活動が始まっています。 この場合の古代小麦とは、20世紀初頭に栽培の始まったセナトーレ・カッ…

もう6月なのにまだまだ春?なカラブリア

4月から続く低温と雨に悩まされているカラブリア州。例年だと気の早い人は海水浴すらできる陽気なはずなのに。。。夏野菜の作付けすら出来ないほどの低温・悪天候に泣いている農家さんも多いはず。 蜂箱はやっと2段に。雨では外に出ら…

カラブリア在住の豆腐マイスターですので、一応自家製豆腐も作ります。

一社・日本豆腐マイスター協会の豆腐マイスター資格所持者なので、美味しい大豆が手に入った際などは特に自家製豆腐にしています。そういえば過去にこんなイベントをオーガナイズしたこともありました。 お料理研究家のCさまに、芽止め…

ワンコと出待ち@ラメッツィアテルメ空港

カラブリア州の空の玄関・ラメッツィアテルメ空港(SUF)。犬ももちろん入場可能で、この日はワンコも一緒の出待ちとなりました。 ちなみにラメッツィアテルメ空港はカラブリア州のほぼ真ん中に位置する国際空港で、イタリア・ヨーロ…

1616/aritajapanのTYパレスが使いやすい。旬の野菜が美味しい春・ある日のテーブルセッティング

今回持ち帰ったお皿の中で、和食・イタリアン関係なく日常使いでガンガン使っているのが1616/aritajapanのTYパレス。俗に言われる「パレスプレート」です。 ざらっとしたいかにも「陶磁器です」な顔つきのくせに食洗器…

便利すぎて即買い→イタリアへ持ち帰った小さなおすすめキッチン便利グッズ

マンマのフェスの際、キッチンスタッフに入っていただいたお料理研究家のCさんが、ご自宅から持ち込まれていたのが写真の穴あきスプーン。プラ製で、大匙を一回り大きくした程度の大きさの粉ふるいです。 粉ふるい、しかもお菓子などに…

渋滞の原因は牛。ひたすら呑気なカラブリア州の田舎の日常

週末養蜂のミツバチさんの管理をお願いしている、養蜂の師匠の家はコセンツァの我が家から車で30分位の場所。幹線通りから一本入って、普段はガラガラな道がどうも渋滞しているな。。。と思ったら。 ん? 馬に乗っている人がいる。。…

本日、祝日です。

日本へは・・言祝ぐ、でございます。なのでトップには一時帰国時に銀座で撮影(しかも4月1日に!)のこちらを。 5月1日はメーデー。労働者の日ですね。ってことで、イタリアはしっかり祝日になっておりまして、ブログをお休みします…

目止めする・しない? 私は「する」派

春の一時帰国の際に持ち帰った器の中に、陶磁器が何枚かありまして。これを目止めするか・しないか。のお話。結論を先に言うと、私は「する」派です。なぜなら、カラブリア州では油もの・色の濃いものをたくさん食べるから。 ただでさえ…