TAG ご案内

グレコ・ビザンティン様式の教会にて、ただ今修復工事が進んでいます(見学可能)

アルバニア系イタリア人・アルブレーシュの人たちは基本的に正教会系のカトリック。グレコ・ビザンティン様式の教会内は、The・カトリックな教会の内部とはだいぶ異なる装飾がされていて一見の価値があります。 教会に入ってまず気が…

【コーディネートしました】カラブリア州も特集されているCREA Traveller2018夏号・発売中!

すでに発売中の南イタリア4州(カンパーニア・プーリア・バシリカータ・カラブリア)にスポットを当てたCREA Traveller2018年夏号。お手に取って見られましたか? 隙が無さすぎるほど美しい出来栄えのこちらの雑誌で…

侮ると命に係わる、カラブリア州山間部の根雪とフリーダムすぎる牛さん

カラブリア州コセンツァ市の裏山・シラ国立公園内を目的地に向けてドライブ中の出来事。先週のことです。 訪問地が幹線道路から外れた県道沿いで、車が何とかすれ違える程度の道を5㎞ぐらい進んだ先にいたのがこちらの牛さん。シラ国立…

カラブリア州はアンズの季節

先日のご案内で、カラブリア州コセンツァ県のイオニア海側で完全BIOでアンズを育てている農家さんを訪問。なんでも5種類のアンズを栽培していて、6月中旬ごろまでが収穫の最盛期らしいです。 アンズって、そんなに種類が存在したん…

見学先チーズ工房のニューフェースは秋田犬w

カラブリア州シラ国立公園内のチーズ工房のうち、レストラン・La TavernettaのPietro Lecceシェフがお墨付きのチーズ工房があります。ピエトロから紹介され、私もご案内先としていますが・・・自家製チーズの他…

牛に関するエトセトラ。牛舎併設チーズ工房の視察のご案内

平地の少ないカラブリア州では、牛を飼育するだけの飼葉を用意できる地域が少なく、伝統的に牛は少ないとされています。例外的に例えばコセンツァ市の裏山・シラ国立公園内の一大酪農地帯や、州の中部の盆地に牛を飼育する伝統がある場所…

高原のエディブルフラワーでお料理レッスン@チヴィタ

先日、カラブリア州北部のアルブレーシュ(アルバニア系イタリア人)の村・チヴィタ(Civita)で開催したのが「高原のエディブルフラワー摘み&お料理レッスン」。高原野草の植生に精通した専門家をお招きし、国立公園に隣接する友…

お皿に絵付け体験@カラブリア

本年からご案内可能になったアクティビティに「絵付け体験」があります。開催場所はカラブリア州の陶器の街・スクイラーチェ(Squillace)の陶器工房。マイスター資格を持つ先生の指導の下、絵筆を使って絵付けを体験します。感…

マテ茶が待ってるアルバニア系イタリア人の村・チヴィタ(Civita)

南米がルーツのマテ茶。イタリアの英雄・ガリバルディの奥様が南米出身者だった影響で、ガリバルディさんはマテ茶ファンだったと言われています。イタリア統一に出かけた際、マテ茶も持ってお出かけになったガリバルディさん。あちこちで…

【ご案内可能】カラブリア州の鷹匠

カラブリア州でたった1軒。鷹匠として活動を一般公開している友人・ロベルトです。カラブリア州北部のポッリーノ国立公園脇に住んでいて、川向うはポッリーノ国立公園という場所で猛禽類約20種、ポッリーノ国立公園固有種8種と暮らし…

カラブリア州で、アルバニア系イタリア人だけが作るパスタ

500年ほど前のお話。オスマントルコの拡大と共に本国を追われ、現在のアルバニアからカラブリア州に移住してきた人たちがいました。これが現在の「アルブレーシュ」と言われる人々の先祖。カラブリア州コセンツァ県に多く住んでいるア…