CATEGORY 我が家の食卓

1616/aritajapanのTYパレスが使いやすい。旬の野菜が美味しい春・ある日のテーブルセッティング

今回持ち帰ったお皿の中で、和食・イタリアン関係なく日常使いでガンガン使っているのが1616/aritajapanのTYパレス。俗に言われる「パレスプレート」です。 ざらっとしたいかにも「陶磁器です」な顔つきのくせに食洗器…

目止めする・しない? 私は「する」派

春の一時帰国の際に持ち帰った器の中に、陶磁器が何枚かありまして。これを目止めするか・しないか。のお話。結論を先に言うと、私は「する」派です。なぜなら、カラブリア州では油もの・色の濃いものをたくさん食べるから。 ただでさえ…

カラブリア在住者が自分用に購入した日本のお土産。海外在住者へのお土産アドバイスとともにどうぞ。

スーツケース3個とトロリー1個の中は、ほぼ日本からのお土産品。自分用の服などいらない。お土産があればいい、のココロで毎度毎度モリモリになって帰宅しますw本日はイタリアの片田舎・カラブリア州在住者のワタクシが、自分用に購入…

春の味覚・野生アスパラガスを採りに、ラメッツィアテルメまで

春を代表する味覚の一つが野生のアスパラガス。女性の小指の半分程度の細さで、柔らかい苦味が特徴の旬のもの。カラブリア州では3月~4月にかけてが収穫期で、みんなが「秘密の場所」へそーっと収穫に出かけますw 秘密の場所って言っ…

突然やってきた1人飯のチャンス!にカラブリア州在住日本人妻が食べた物w

と、言うわけでお蕎麦になりましたw午前の終業時間約30分前に判明した「今日は1人ご飯」のニュース。もっと前から知っていればアレコレ仕込みもできたんですが。。ダッシュで帰宅し、普段家族からブーイングが出て食べられない物を!…

忙しい主婦のお助けドルチェ・キアッケレ

キアッケレは、地方によってさまざまな呼び方があるカーニバル時期のお菓子。ちなみに揚げ菓子です。適当に生地を捏ねてパスタマシーンで伸ばし、適当に切って揚げればOKなので、この時期には「主婦の友!」ぐらいの勢いで作るの大好き…

カラブリア州で春を告げる野菜・ランパッショーニ(Lampascioni)は揚げると美味!

クロッカスの親せきで、球根部分が食用になるランパッショーニ。カラブリア州の北部でもたくさん取れます。ランパッショーニはどちらかと言うと「この名前で呼んでおけばみんなわかる」系の呼び名。カラブリア州の一部ではチポリッツェ(…

錆びた鉄のフライパンを磨こう。

脱テフロン、鉄鍋化を進めている我が家。イタリアの鉄製フライパンはいまいちなんですが・・帰国の度に国産のフライパンを背負ってきたりして(笑)、少しずつ鉄鍋を増やしています。 良く使っていたこちらの30㎝級の中華鍋(ウォック…

【簡単レシピ】再利用レシピで2度おいしい、我が家の手打ちタリアテッレ。

時間がある週末は、極力ランチ用にパスタを打つようにしています。小麦粉からコダワル手打ちパスタはやっぱり美味しい。カラブリア州の伝統的なパスタは硬質小麦を使うので卵生地にしないけれど、「卵生地の聖地」ボローニャ在住だった時…

パネットーネの季節到来♡ 我が家の今年のパネットーネたちはこちら

クリスマスツリーの飾りつけもやっと終わり、後はツリーの下にプレゼントを置くだけの状態になりました。暖房工事やらで一時はツリーすら出せないんじゃないかと思ったけれど・・よかったよかったw ツリー設置と同時にスタンバイしてい…

カラブリア州で、コセンツァで、た・タンタンメンだと?

友人がシェフを務めるコセンツァ市唯一の「日本人がいるレストラン」ことNu Sushi。 とにかく研究熱心な友人のお陰で、最近ではすっかり「お料理する気力も無くした際の、最後の駆け込み寺」的なレストランになりつつあります。…

毎週土曜日はメルカート(市場)の日。コセンツァ流のお買い物術

私の住むカラブリア州コセンツァ市は約7万人が住む、カラブリア州としては大きな街。コセンツァ県の県庁所在地でもあり、北部カラブリア州の文化・政治・経済の中心として古くから栄えてきました。 このコセンツァ市のコセンツァっ子が…

夏の最後の大仕事。一家総出の自家製トマトソース作り

雨が多かった夏の影響を受けてトマトの収穫も遅れ気味だったカラブリア。9月末にやっと我が家でもトマトを使った保存食作りを完了しました。 今年もざっと400㎏分のトマトを加工。数日に分けて行う作業の内、一家総出で行うトマトソ…