(簡単レシピ付き)コダワル夫がはまったクリスマス時期のお菓子・トローネ作り。



ハチミツとアーモンドを使い、顎が割れるほど固い(当社比)お菓子・トローネ。カラブリア州ではクリスマス時期になると出回る、年末ならではのお菓子なんですが、実は簡単に自家製できます。
私が週末養蜂していることもあり、美味なる自家製ハチミツがたんまりあった本年、なんと夫氏がトローネ作りにはまりましたw

材料は、はちみつ・砂糖・アーモンド・卵白。このほかにOstiaと言われる、あの白い紙みたいな食用のアレが必要です。

作り方は簡単で、ハチミツと砂糖を合わせて弱火に。

アーモンドは熱湯にさっとくぐらせ、外皮を除いてからオーブンでローストしておきます。

ハチミツにメレンゲ状にした卵白を加え、そこにローストしたアーモンドをIn!
アーモンドは暖かい方が良いので、ロースト終了後も100℃くらいにしたオーブンで管理します。

アルミなどの方に予めOstiaをセットしておいて・・

練りあがったトローネの元(笑)を均等になる様に乗せていきます。
Ostiaでサンドイッチしたら粗熱を取って。

まだ少し暖かいうちに切る!
これが相当力仕事らしく・・・お菓子屋さんに男性が多いのもわかる。。と夫が申しております。そうなんだー。

2日ほど置くと味が馴染んで美味でございます。
室温が高い場合は、密封して冷蔵庫に保存するとGood。
既製品より色が若干濃いのは、はちみつが秋の百花蜜だから。少し栗の蜜が入ったので、はちみつそのものの色が濃いんです。
上品に薄い色に仕上げたいときは、アカシアのハチミツが良いですよ♪

我が家では、大量に出る不ぞろい部分の方があっという間になくなりますw
キッチンに行った際についつい口に放り込んでしまう危険な美味しさ。自分のはちみつが使われているっていうのも地味に嬉しいもんですよ。



にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ