犬連れトレッキングが楽しい、湖が見れる秘密のコース@シラ国立公園



冬場は雪も降り、スキー場も数か所抱えるカラブリア州のシラ国立公園。湧き水が豊富で、コセンツァ市民のオアシスにもなっています。
ご案内や個人であちこち行くトレッキングコースの中でも、私が好きなのがこの湖の脇を通るコース。途中で道が見えなくなったり、何かと面白いコースで今年も何度も遊びに行きました。

最初のうちは、普通の農道(?)といった趣。森がそばまで迫っているので、暑い日は森の中を歩けます。

要所要所にコースの印が付いているので、道が見えなくなっても迷う事は。。。ないですねぇ。これ、夜間だったら絶対迷うヤツだけど。

30分ほど歩くと突然見えて来るのがこの農業用水用の人口湖。シラ国立公園内にはこのような湖がいくつもあって、公園内で作られている農作物・酪農などに使われています。これ、基本的に雪解け水です。

水が豊かな場所の脇をコースが通るので、コース外は非常に緑が濃いです。これ、シラ国立公園内では結構レアで、おそらくカラブリア州内でもレアだと思う。。乾季のあるカラブリアでは、1年を通して水のある川が数えるほどしかないけれど、ココは別。
豊かな雪解け水が、シラ国立公園内のすべての生き物の活動を支えているのを間近で見ることが出来ます♪

コース途中には、とてつもなく冷たい水の流れる小川があったり。
この冬は雪が多かったので、小川も増量して中川ぐらいのボリュームになってました(笑

一休みスペースもあります♡
ノルディックウォーキング用のステック、手に汗かくんですよね。。

水分補給は大事―。
黒い管は、都市部でも使われている飲料水用の水道管。水質管理された湧き水由来のお水がだーだー出ていて、飲み放題。ここでお水の補給をするのがルーチンです。

もはやデフォな牛さん達にあったりしながら、いつものコース終了。約3時間、楽しんできました♪

途中に道が見えなくなる場所があるのでお客様のご案内はしないけれど、トレッキングになれている方なら十分楽しめるコースだと思います。ご興味のある方はご連絡ください。コース名や出発地点などお教えします。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ