シラ国立公園コセンツァ側の元貴族のお宅はこんなカンジ。(限定的に宿泊もできます)



カラブリア州内にはまだまだ家族ぐるみのお付き合いが残っていて、ありがたいことに夫の代になってもお付き合いの続いている某ご一家。
最近代替わりし、友人である当代の母方が現在のシラ国立公園界隈がご出身。母方から相続した夏用の家を1年を通じて使えるようにしたから見に来て♡とだいぶ前からお誘いがあって、先日、やっと時間を見つけてご挨拶がてら遊びに行ってきました。

門扉からして素敵。
お母さまの、色々思い入れのある門扉らしいです。

とんでもなく広大な敷地w
門扉から家が見えないw

そして・・

どどーん。な邸宅。
ここ、1人で住んでるの?!

お線香をあげる、という習慣はイタリアには無いけれど。亡くなった方を偲び、思い出を聞きながら館内を案内してもらいました。もう家、というよりも館。
大きすぎて迷うwって言ったら、大きすぎるから部屋貸ししている、と。
こんな素敵な邸宅に泊まれるの?ってびっくりです。
ご興味ある方はご連絡くださいね♪

ちなみにお部屋はこんなカンジ。
数室をバスルーム付き客室使用に改修してあって、どのお部屋も重厚なアンティークに囲まれております。
ほぼ、友人の私物です。。(スゴイ!)

広い敷地内には、使用人が使っていた建物も。現在もこの邸宅&敷地を管理してくれている一家がお住まいだそうで、宿泊施設部分の管理もこの方たちが行っているそう。ホテル、ではないけれど、エレガントなファームステイな雰囲気でゆっくりできそう♪

さらに、家畜小屋だった建物をエレガントに改修。現在は長期滞在用アパートとして貸し出しもしていまして。夏の間の数か月間、毎年利用するご一家もあるんだそう。
たしかにリピートしたくなる立地・施設でした。。

夏の間は個人の旅行客でもご紹介などがあれば宿泊可能。秋から春にかけては、一定以上の条件を満たす方であれば宿泊可能と、宿とすると色々条件がうるさい施設ですが・・・
なんというか、友人が心安らかに毎日を過ごせればよいな、過ごせているんだろうな、と言う環境で、私は安心いたしましたです。はい。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ