ジェラーチェ(Gerace)。カラブリア州東海岸の首都的重要度を誇った要塞都市(州都・カタンツァーロ市もディスリました)



イタリアの美しい村にも選出されているジェラーチェ(Gerace)。ビザンツの時代からカラブリア州東海岸側の大変重要な街で、もちろん要塞都市。
かつては宗教的に地位の高い方もいた、政治・宗教両面でカラブリア州東側の首都的な位置に君臨しました。

ノルマン王朝時代のお城跡も。大きな岩の上に作られたこの城塞から眺める海岸線は絶景で、写真ではとてもお伝えしきれない物があります。
ここから、海上交通を監視。そして内陸側との通信を行っていた・・という説明が「うん。そうですよねー」としっくりくる、そんな場所です。

現在の州都はカタンツァーロ市なんですがね。カタンツァーロ市民以外のカラブリア人がカタンツァーロ市のことを悪く言うのは、まぁ交通の便が悪いこともあるけれど、カタンツァーロ市がさほど歴史が無い街だからです。
カラブリア州の東海岸側では、1500年ぐらいに渡って(下手したら2000年ぐらい)ジェラーチェより少し北のスクイラーチェ(Squillace)とココ、ジェラーチェが政治・宗教の中心で重要都市でした。だからどちらの村にもお城跡がしっかりあるんですが。。。カタンツァーロ市にはお城が無いんです(笑
それだけが理由ではないけれど、まぁ。。。カタンツァーロ市が州都っていうのは納得できないなぁってい人、けっこういます(笑

城壁にぐるっとかこまれた小さな村なので、1時間もあれば全域を見て回れます。こんなに狭い道だけれど、車や小さなトラックも通りますんでお気をつけて。
ノルマン朝時代のお城跡が一番高い場所で、そこから海に向かって緩やかに下った丘の上に作られた村なので、まぁ迷う事はありません。登ってきたのなら下りればいいだけ、ですからね。

西海岸側に縁が深いコセンツァ在住者としては、この門の名前が印象的でした。
名付けて「太陽の門」。
ジェラーチェは朝日の昇る海に向かって作られているので、この門に一番に日が当たるわけですね。なるほどー。

大変歴史のある村なので、教会遺跡もいっぱいあります。
1日ゆっくり滞在してあちこち見学するのがお勧めです。

暑い日だったら絶対おススメしたいのが、アーモンドのグラニータ。
カラブリア州はアーモンドの生産も盛んで、自家製のアーモンドでグラニータを作ります。やっぱり食べ物は地産地消が一番♡

ジェラーチェへの道は、地崩れしている場所もあるので最新の情報を獲得してください。
駐車場は、ノルマン王朝時代のお城跡付近にいっぱいあります。ここに駐車して、坂を下る様に歩けば村のほとんどを見学できます。
太陽の門は、道を下りきった先。素晴らしい見晴台があるので、行ってみてくださいね。


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ