イタリア最大の国立公園・ポッリーノ国立公園とその近郊へ



イタリア最大でカラブリア州とバシリカータ州にまたがる広大なポッリーノ国立公園(Parco nazionale del Pollino)とその近郊をふらふら。
ポッリーノ国立公園界隈は、最高峰・ドルチェドルメ(Dolcedorme:2267m)、公園名の由来となったポッリーノ(Pollino:2248m)と、2000m級の山が連なる山岳地帯です。

国立公園内にも人がもちろん生活していて、イオニア海側は特殊なオリーブが生育する地域があります。
生育中のオリーブ畑を見学したり、生産者を訪問したり。美味しいレストランへご案内したり、お料理上手な友人宅で晩御飯を食べたりして息抜きなんてことができるエリア。

カラブリア州の北側に位置するポッリーノ国立公園内とその周囲には、約30のアルブレーシュの村があります。さらに古代ギリシャ時代の遺跡がゴロゴロしている地域でもあり「そもそもカラブリア州っていうのは。。」というご案内ができるエリアです。コセンツァ市はまたちょっと違うんだけれど。

思わず息をのむ光景の連続。
写真で伝わり切らないのが残念だけれど、前方に悠々と横たわるのがポッリーノ山系です。5月だと言うのに冠雪していて、でも手前の丘陵地帯は春爛漫。
ここは高速や幹線道路から遠く離れた地元の人しか使わない村道で、わざわざこの道を選んだ甲斐があったかな。 

カラブリア州の専門的なご案内も可能です。
詳しくは「お問い合わせ」からお気軽にご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ