ローマ市内の眺めが抜群なかつての法王の生家でもあるお宅にお邪魔しちゃったら、座る場所がわからないw

ローマに出張した折、知人宅に招待されました。カラブリア人のこの知人とはいつもカラブリアで会う仲で、ローマのお宅に招待されるのは初めて。そもそも、ローマに住んでいるっていうのも今回初めて知ったぐらいw

そりゃね。ラッツィオ在住とは聞いてたけどね。。。別にどこに住んでいてもいーじゃんっていうスタンスの私、あまり突っ込んで聞いたことが無かったので、このような事になりました(苦笑

さて。キエザヌォーバ(Chiesa nuova)のほぼ裏手。ナボーナ広場(Piazza navona)から徒歩2分。美味しいご飯屋さんが集中しているブロックで、住所からしてVIP感漂ってましたが・・伺ってみてびっくりだったお宅拝見の様子を、彼らの生活に差支えが無い程度にお伝えします。

とてつもなく大きなお宅を2所帯に分けて、こちらはその母屋(?)部分のリビングの一つ。えーと。。。リビングっぽい居室が3つほどあります。えーと。ここ、ローマのど真ん中ですよ?

床材はオリジナルの物。天井ももちろん、建設当時の物らしいです。なので、ヒールで歩くと足音が響く。。。

変な時間に伺ったのにわざわざテーブルが用意されていまして。軽食をごちそうになってきました。イギリスだったらアフタヌーンティー、だね♡

こういったお宅ではテーブルに座る順序や場所が厳格に決まっていまして。庶民の私、一瞬どこに座れば良いのかわからなかったです(苦笑

お茶の後、大きなお宅の中をあれこれご案内いただきまして。。。部屋とドアがありすぎで良くわからなくなってきたところで、一番素敵なお部屋が登場です。

それが、こちら。

書斎。

毛布持ち込んで、床にゴロゴロしながら本をむさぼり読みたい、書斎。

いつだったかの法王さまが生まれて、その後私室としていたお部屋なんだそう。この方、その後教会に入り法王さまとなられたんでそうですよ。(この法皇様、確かパオロ6世。でも定かじゃないw 居住スペース外に色々説明してある石碑があったように思います。。)

これで驚いちゃいけない、と共有スペースながら屋上バルコニーに連れて行ってくれまして。このバルコニーへと昇る階段も相当素敵だったんですが・・まぁとにかくバルコニーに上がりまして。

そしたらこの眺め。

ローマ市内で、人が住んでる一番高い建物なんだそうです。

380度、遮るものの無い眺めがこーんなカンジに見えまして。凄すぎて言葉が出ない。。これが、完全に居住している人たちだけの眺めっていうのもスゴイわぁ。

もちろん日の出も日没も、見放題ですって♡

実は色々大変だったローマ出張の疲れとか何とかやらが一気に吹っ飛びました。ローマはローマ。さすが、ローマ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ