頂き物で感じる「秋」。八百屋でもらうオドーリ(Odori)

八百屋さんで買い物をして会計の際「オドーリ頂戴」と声をかけます。オドーリ(Odori)とは、直訳すると香りのこと。八百屋さんに「香草を分けて」ってお願いしているわけです。

声をかけると、大抵レジの下からざっくりと緑色の塊をお買い物袋の中に突っ込んでくれます。

セロリやイタリアンパセリが王道で、夏場はここにバジルの束が加わります。

特にバジルはモコモコ生えて来るので、セロリが無いけどバジルは山盛り♡なんてことも。無料で頂けるので、カラブリア州でバジル買う人いるのかな?ってぐらい「オドーリ頂戴」は普通です。

で、9月にもなるとこのオドーリに加わるのが唐辛子。ま、カラブリア州ですんでw

8月に中旬ごろから路地ものも大量に採れるようになるのでオドーリの仲間入りします。今年は冷夏&雨が降りすぎで収穫時期が遅れていた模様。。。

「カラブリアのディアボレット(小さな悪魔)」と呼ばれる、激辛な唐辛子を入れてくれることが多いです。

たまーに辛くない唐辛子だったりすると、貰ったお客さんから文句が出ますw

レジでよく見かけるのが「あの唐辛子、辛くなかったわよ!」なやり取り。無料の物だから文句言うなんて・・と思うけれど、唐辛子だけは譲れないらしいw さすがカラブリアw

唐辛子が本格的に出回りだすと、カラブリア州も本格的な秋を迎えます。さぁ冬仕事の準備だ!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ