【ちょっと日本へ・1】カラブリア~日本は経営費削減中のアリタリア航空で(ラウンジ紹介や愚痴など)

6月下旬ごろから約10日、お仕事で日本へ行っていました。ついにアリタリアも機内WIFI始めちゃいましたねー。これで「機上なのでネット環境ありません!」な言い訳が通用しなくなっちゃったなーと思っているのは私だけではないはず(笑

ところで。カラブリア~日本を最短で繋ぐのはアリタリア航空なので・・私、アリタリアのヘビーユーザーでございます。ちなみに、使用機材が良いと言われているのは成田~ミラノ便ですが、カラブリア~日本を利用する際はほぼローマ経由便になります(涙

イタリアのハブ空港たるフィウミチーノ空港内のアリタリアは・・ラウンジの大改装など色々頑張っているんだけれど、アリタリアさんは何せ毎年のように倒産する会社ですんで。あちこちで経費削減も頑張っていますw ※成田~ミラノ便が良いと言われているのは、機材が大き目なのとシートピッチが広めだから、らしいですよ。

経費削減の一環なんだろうけれど・・アリタリアさん、なんと空港内のラウンジ数も減らしてしまいました。(イタリアだけでなく各国のハブ空港でも減らしてますw)

シェンゲン外に出ていく飛行機が出発する第3ターミナルのEゾーンのラウンジも減少。さらに、EゾーンのメインラウンジはE11-24ゲートへ向かう途中に移動しちゃいました。ふ、不便!

実は、Eゾーンの中でもアジア方面行が出る出発ゲート前にもアリタリアラウンジが隠れてあります。しかも地下にwww

搭乗口近くでゆっくりされたいのならこちらがお勧めなんですが・・エレベーターがひたすら遅いので、荷物が少なかったら階段利用必須。こ、こんなところに入って大丈夫かな??っていう通路っぽいところなんですが。大丈夫、その先にちゃんとありますですよw


一応イタリアの高級ソファーメーカーさんの家具で内装がしつらえられているし、それなりにご飯類も山盛りなんですが。。なんというか「サビレタ」感じがアリタリアっぽいw

ここで日本の卓越したサービスを期待してはいけません。さらにココ、コンセント数が少ないんですよね。がっつりお仕事されたい方はご注意を。私もまさかの紙とペンなお仕事となりましたw

ただ人はすごーく少ないので、ゆっくりされたい方にはお勧めします。またシャワールーム完備なので、私はメインラウンジよりもこちらの方を利用することが多いかな。
そして・・ローマ発便はご飯の方もちょーっと経費削減の余波を感じました。ぜ、前菜がこれじゃイタリアらしくなくてダメなんじゃないの??って調子で最初っからびっくり。イタリアなのに、なぜ食パン系のパンが出て来る??

極めつけはお食事の際のプリモ。私、ナポリの郷土食・サルトゥ ディ リーゾ (sartù di riso)をお願いし、ワクワクしながら待っていたんですが。。。
・・・・・。

サルトゥ? これがサルトゥ??(涙

アリタリアの名誉のため、セコンドやお菓子・オヤツの類は美味でございました、と記載しておきますが。。これがサルトゥ?(←若干根に持ってます)

※気になった方はsartù di risoでググってみてください。

ちなみに帰路はデルタ航空のラウンジ利用でした。こちらは全面ガラス張りで発着する飛行機が良く見える場所。静かで居心地が良く、ワークスペースも窓際にたっぷりあります♡

ただ・・このラウンジは第2サテライトにあって、通常アリタリアが出発する第1サテライトから歩いて5分以上かかる場所。第1サテライトにあったアリタリアラウンジ、どーなっちゃったのかなー!と思いつつ。。歩く必要があります。ラウンジ内サービスは良いけれど、搭乗口から距離があるのはちょーっと不便だね。。

東京発便は前菜もそれなり。これ、出発地でこんなに違うの?っていうぐらいの違い。泡もそれなりに美味だったし、カクテルもおつまみも普通に美味しかったです。

ついでに、シンプルなパスタも普通に美味しく頂きました。続いて出てきたお肉やサラダ、フルーツやデザート類も美味。オヤツ類も充実していて、チーズの盛り合わせが結構Goodだったのが逆にオドロキw

なんだろう。本拠地・ローマ発便よりも成田発便の方がサービスも、ご飯も良かったように思います。

経費削減・毎年倒産と大変そうなアリタリアだけれど、この機体を見るとなんだか「あ、私の飛行機♡」と思えるから不思議。

サービスが多少悪くてもクルーの愛嬌の良さは相変わらずだし、日本人スタッフさん達の丁寧さも相変わらず。サルトゥには泣いたけれど(←まだ言ってる。。笑)、今後もお世話になりたいと思っております。

アリタリア、今後も頑張ってねー

※今週は一時帰国中の話題についてUPします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ