求ム!ココの前菜を完食できる猛者(笑

アルトモンテ村のホテル・バルビエリ(Hotel Barbieri)。バルビエリ一家による家族経営のホテルで、郷土料理ベースのお料理にも定評があります。「イタリアの美しい村」にも選ばれた、アルトモンテ村に伝わる郷土料理は野菜がいっぱい。優しい味のバルビエリのお料理に地元のファンも多いんですが・・問題は、この多すぎる前菜なんですよw

どんどん出て来るタイプの前菜、イタリア人・日本人含め、今まで完食できた人に出会ったことがありません。

お仕事のついでに寄ったら「ごはん食べて行って♡」と言われて・・席に着いたとたん。色々出て来る前菜盛り合わせw 今からが旬のズッキーニやナスなどの夏野菜、天候不順のお陰でたくさん取れているキノコの類などに加え、自慢の自家製サラミの盛り合わせが出てきました。

実は、ワインのサーブと一緒に「つまみ」的なじゃがいもとペペローニのロースト(コセンツァ県の郷土料理です♪)、ナスのポルペッテ、カリッカリに揚げられた乾燥ペペローニなどなどが山盛りになった1皿が出ておりまして、じゃがいも好きな私としてはすでに結構つまんじゃっているわけです。飲みながらw

うはー。サラミも出てきた―なんて思いながら、それでも美味なんでちょこちょこつまんでいると・・・
本命が出てきたw

季節の野菜のオイル漬けやさっぱりサラダや揚げ物が山盛りのもりもりで出てまいりまして。ついでにバルビエリ名物・3種類のペースト(パンに塗るペースト)やお豆を使った一品、キノコの蒸し揚げもしっかり登場。これを肥育というのね・・というぐらいのボリュームで、すべてを少しずつ食べる事は出来たけれど、お皿をきれいにするには至らず。。。毎度のギブでございました。

これでバルビエリ家の前菜としては控えめ。「えりは食べないから♡」とかレストラン責任者のラウラが笑ってましたが、コレを完食できたら表彰もんだと思うんですけどw

どうしてもパスタも食べさせたかったラウラとホール責任者の声を押し切り、前菜後のフルーツでランチ終了。朝採りたての桑の実(白い実)とサクランボが出てきました♪

今まで、かなりの数の食いしん坊自慢の鼻っ柱を打ち砕いて来たバルビエリ家のオソルベキ前菜コース。ご興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいませ。お問い合わせいただいたら、バルビエリ家に「本気の」前菜出すように伝えておきます(笑

ところで。お菓子部門に専門の方がいるのもココの特徴。この日お留守番だった主人用にと、アルトモンテの郷土菓子をお持たせにしてくれました♡

ホロホロとくちどけの良いこちらのお菓子、バルビエリ家に伝わる秘伝のレシピだそうですよ。

由緒正しいバルビエリ家についてはこちらの記事もどうぞ

イタリアの「素敵な思い出レストラン」団体、ご存知ですか? 

2018.05.18

エスプレッソと一緒に頂くのがGoodです♪

こちらのお菓子も在庫があれば(笑)レストランで提供されています。お肉料理でも有名なバルビエリで、特に特産黒豚を使ったシンプルながらも味わい深い一品などは特にお勧めなんですが、とにかく私はこの前菜に挑む猛者を募集しておりますw

「我こそは!」と思われる方、ぜひお問い合わせください♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ