そろそろ夏日和な場所もあるカラブリア州。トロペアの向かい側・Santa Maria dell’Isora

カラブリア州はそろそろ夏の日差しがやってくる頃。気の早い北欧や北米からの観光客はもう海に入っています。

カラブリア州最大の観光地・トロペア(Tropea)も日々観光客の数が増えてきていて、でもさらーっと村を見るだけの模様。確かにトロペアからの眺めも相当素敵なんですが・・もったいないですよーと地元の人間は思うわけですw

ぜひぜひ訪問していただきたいのは、トロペアの真向かいの小さな丘の上の教会・Santa Maria dell’Isora(サンタ マリア デルイソラ)と言います。

こちら、下から見上げるトロペアの村。岸壁にそそり立つように作られているのが良くわかります。それにしても・・・良く建てたね。。

海辺の駐車場から若干階段を上りますが、ココは頑張るところ!

現在が所縁のあるベネディクト会系の修道僧さんたちが管理していて、教会所蔵品の修復現場も見学可能です。

カラブリア州の特に南部は過去大きな地震の被害に見舞われていて、ココも例外でなく・・・何度も何度も修復された跡を見ることが出来ます。建築当時の12世紀の床も保存されていますよ。

さらに絶対訪れるべきはこのお庭。ぐるっと回っても10分で事足りる子の小さな庭は絶壁の上にあって、とにかく眺めが最高。吸い込まれそうな透明度を誇るトロペアの海を満喫できます。

時間的には、日没時に訪問するのが最高だと思います♪ お天気が良ければストロンボリ島をはじめとするエオリア諸島が良く見えますよ。

オリーブの樹が植えられ、木陰もばっちりあるので夏場でも快適に過ごせる場所。海に入ってひと泳ぎしてから訪問するのに最適♪ (教会なので水着&ビーチサンダルでの入場はできません。羽織ものや靴の準備を)

ということで、営業時間はこちらw

あんまり居心地が良いので、閉場時間を過ぎてものんびりしちゃう訪問客が多いんだとかw 長居しちゃうの、わかる気がするw

 

Santa Maria dell’Isora