牛に関するエトセトラ。牛舎併設チーズ工房の視察のご案内

平地の少ないカラブリア州では、牛を飼育するだけの飼葉を用意できる地域が少なく、伝統的に牛は少ないとされています。例外的に例えばコセンツァ市の裏山・シラ国立公園内の一大酪農地帯や、州の中部の盆地に牛を飼育する伝統がある場所があって、先日はそんな酪農家さんへ視察へ。南イタリア各州の「牛」と牛乳製品について視察ツアーをされている一団をご案内しました。

最近は酪農家は牛を飼い、牛乳を売ってチーズ屋がチーズに加工している、という場所が増えていますが、ココは牛の繁殖~牛乳製品製造までを同じ敷地内で行っています。

牛の健康にも力を入れていて、乳牛の生涯出産数も制限。牛さん達をのんびりゆったり生育させている、ちょっと珍しい農場です。(ガンガン生まないと牛乳が出ないので・・ヒドイところはほんっとーにヒドイ扱いをしていたりします)

こちら、出産を控えている「妊婦」さんコーナー。彼女たちの視線の先には、牛さんの大好物・陳皮を持っている農場主さんがw オレンジとかミカンの皮を乾燥させたものは、彼らにとってお菓子みたいなモノらしく・・大好物らしいです♪

って、レモンが鈴なりでしたけどw 陳皮用のオレンジは、BIOの物をわざわざ作っているんだそうでw

カラブリア州の酪農にまつわる座学やその道の研究者などとの会合もたっぷりの3日間。視察団ご一行も、農家の溢れる「牛・愛」に驚いていた模様。「カラブリア州で、こんな酪農を見るとは思わなかった」という団長さんの一言が印象的でした。

ところで。視察団ご一行様のおもてなしに、と、連日工房の出来立てチーズの試食と称した大・昼食会が開催されたりしてましてw

カラブリア州に数日滞在すると絶対増量するので・・ズボンなどは緩めの物をご準備くださいね。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ