自宅で簡単「我が家のピザ」。水に粉を合わせるのが私流♪

週に1回程度は「自宅ピザ」な我が家。もちろん粉から作ります。って言っても本当に簡単で。。。

我が家では超少量の酵母を使い、基本的に低温発酵させます。コツは「水分量に粉を合わせる」です。

こちら、ビール酵母を溶かした水。この水分量が必要とする粉を加えて行く。。。というのが私の作り方。

粉の中に必要な水分量を入れていく、というやり方の逆ですね。

軽く捏ねながら粉を加えて、だいたいまとまったら台に出します。

この方法だと、粉が無駄にならないんですよw

最近、自家製小麦やちょーっと良い小麦を使っているので。。。ケチケチしてますw

台に出し、必要なら打ち粉をして捏ねていくのは「通常バージョン」と一緒。

冬期は軽くラップなどをしてそのまま、夏期は冷蔵庫で一晩ちょい置きます。前夜に生地だけ作って、翌日のお昼に食べる感覚ですね。

今回は、朝来た農家さんに西洋タンポポや野草をたくさん貰ったので、唐辛子&にんにくで炒めておいてトッピングにすることに。

適当に伸ばした生地にトマトソースを流したらオーブンへ。温度はMaxです。モッツァレラはまだ入れません。焦げちゃうからね。

トマトソースはオリーブオイル&にんにくのシンプルな物。これからはベランダ菜園でいっぱい採れるバジルを入れることも多くなります。

トマトソースが良いカンジに乾燥して、ピザ生地も焼きあがったらモッツァレラと野草炒めのトッピングを散らして再度オーブンへGo!

我が家はあんまり焦げ焦げのチーズは好きではないので、最初にトマトソースを仕上げてからチーズなどのトッピングをして再加熱します。

アツアツをいただきます♡

水分に粉を合わせる方法にしてから、生地作りで失敗をしたことがありません。粉の無駄も少なく、私の性格にあった作り方なのかな~と思っていますw

一度お試しを♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA