ワイン好きには楽しすぎるランチマットがお出迎えのレストラン

最近シェフが変わったレストランの、リニューアルオープンにご招待されてきました。もともと地産地消をくどいほど徹底していたけれど、今度はワインの方も地元ワインに力を入れて展開していくんだそう。気軽なレストランなのでランチもディナーも紙のランチマットを使用なんですが、それぞれの土地の土着品種(その土地で作られているブドウ)の名前が列記されている、ソムリエ勉強時代が懐かしいカンジのマットになってました。力が入りすぎで、私なんかは見ていてクラクラしますw

レストラン自体はすっごくカジュアルです。休業日の月曜以外は昼でも営業しているので「あそこなら開いている」という安心感が半端ない。

ティレニア海沿いの幹線道路から少し入った村の中ですが、駐車場もあるし眺めもいいし。幹線道路沿いの変なレストランに入るよりもこちらが絶対おススメです。

メニューに気取ったお料理はありませんw

見栄えは相当悪いけど、地元で採れた野菜などを使った滋養溢れる一品ばかりです。ご案内が3日を超えるとみなさん段々と胃が疲れて来るんですが。。。そんな時、ココによると「ほっとするわ~」「体が喜んでるわ~」という声を多く聞くことができます。

移動の途中にもちらっと寄れるし、閉店間際でも何かしら作ってくれるしw おすすめです♪

 

Osteria Con Vivio(

Fiumefreddo旧市街内。迷うので、村の入り口まで迎えに来てもらうのが○。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA