東京(新宿バスタ)~大阪、高速夜行バスの旅。軍配が上がるのは富士交通かJRか

今回の日本滞在中、東京(新宿バスタ)~大阪間は時間の都合で夜行高速バスでの移動が決定。往路は富士交通・広栄交通ナイトライナー(3列)、復路はJRのドリームルリエ(3列)を利用しました。利用する会社を選ぶにあたって、それなりにサイト情報を比較検討したつもりでしたが。。。利用してわかったこと、反省点などのまとめです。

往路は新宿バスタ22:40発の富士交通ナイトライナー。JR南口の通り向こうが新宿バスタ。建物入口付近から出発階(4F)まで人の列が途切れることは無いので、迷わないと思います。ビジネスマン多めを想像していたけれど、意外と若人&アジアからの旅行者が多かったです。

とにかく移動している人が多いので。。時間ギリギリだと人の間をぬって走るのは大変かも。

待合室(?)も凄い人ー! 若人ばかりー!!

入口付近に小さなコンビニがありますが、あまりにスゴイ量の人間で入口からお会計までが蛇のような一続きの列になってました。ゆっくり進みながらお買い物しながら・・・お会計にたどり着く、という寸法。ちょっと戻ってアレ買いたい、はできませんのでご注意をw

ちなみにお手洗いも列が。それなりに数もあるので、そーんなに長い待ち時間ではなかったけれど、メイクを落としたり歯磨きしている人で洗面台は混雑気味でした。

バス会社によって利用するエリアが異なり、空港の発着状況が確認できる画面のような方法で利用エリアとゲート番号が確認できるようになっています。

利用エリアとゲートが確認できたら、路面の表示に従って歩いて行くだけ♪

私はDエリア利用です。途中から外になったけれど・・・あんなに人がいっぱいいるところには居たくないので、外で10分ほど時間を潰すことに。外にも自販機があるので、飲み物を購入するだけならコンビニに並ばなくてもOKかと。ちなみにWIFIも入りました。

それぞれのゲートのモニターに次発とその次発のバス便名が掲示されているので、間違うことは少ないかと思っていたら・・・意外とあるんですって、ゲート間違い!

バス便名が似ているので、何度も確認してくださいーと係の人が叫んでましたw お仕事ご苦労様です。

荷物を預けたら乗車。うん。3列ですね。ハンガーもあってGoodです。

富士交通ナイトライナー(3列)の盲点は「3席が均等スペースで配置されていない事」でした。

写真でもなんとなーくわかるかな? 実は写真の右側2席が近くて、この2席の間には人が横になってやっと歩けるかな?ぐらいのスペースしかないんです! 椅子同士は隣り合っていなくて、20㎝ぐらい前後にずれている作りなので、座った際に隣の人が気になるということはありませんでした。

が!

言い換えれば、窓側の人が席を立とうと思うと、斜め前にも斜め後ろにもリクライニングさせてくつろいでいる人たちがいるってことですよ! これでどーやってお手洗いに立と??(実は私、窓側の人でしたw)

まぁ、席を立つ必要が無ければいいんですけどね。。。お手洗い休憩の時とか、バス内の移動がすっごい大変でした。。これ、真ん中席だとゆっくりできないと思う。。

カーテンで横の人とは遮断され、窓側席は快適♡

前後と遮断するものがありませんが・・気になりませんでした。

道中のトイレ休憩は2回。お休み中の人に配慮し「休憩ですよ~」のアナウンスは一切ありません。少ーし車内ライトが明るくなる程度のお知らせで、ゆっくり休むことが出来ました。椅子もフルリクライニングこそしないものの、腿とふくらはぎをしっかり包み込むレッグシートのお陰で快適に休めました。足がむくむってことも無かったです♪

大阪は梅田のプラザモータープールに到着(7:15頃の予定が7:00着)。ほんっとーに何もない操車場ですが(笑)、大阪駅まで徒歩10分位の場所らしいです。モータープールの道路向こうにホテルがあって、ここにタクシーも常駐。私はホテルで客待ち中のタクシーを捕まえて最終目的地に向かいました♪

富士交通ナイトライナー(3列)

新宿バスタ22:40発~大阪(梅田)7:15着(実際は7:00着)

500mlのミネラルウォーターと薄手のブランケット付きで5000円。

女性客の隣は女性になるよう配慮してくれます。充電用コンセントあり。

※間違っても真ん中席にならないように! 進行方向向かって右側の席がゆっくりできそう。

そして復路はJR大阪駅の高速バスターミナルよりJRドリームルリエ(ドリームルリエ2号)を利用。23:00大阪発、翌朝7:00ごろ新宿バスタ到着便です。

バスターミナルは大阪駅の北口に直結していますが・・・待合室(?)が小さすぎ&お手洗いが古すぎてびっくりです。どうした、JR??

高速バスターミナル事務所前がずらっとバス乗り場になっています。乗り場に沿ってベンチも並んでいますが、相対的に座れる場所が少ない印象。

それぞれのゲートに次発とその次発のバス便名が。これはバスタと同じ♪ バスターミナルを出てすぐのところにコンビニがありました。私が利用したドリームルリエは前方にリッチな2列席、後方に2列+1列の3列席なつくり。ちなみに前方がプレシャスクラス、後方がアドバンスクラスっていうらしいです。

後方2列側は座席間の間仕切りがほとんどない作りで、カップルや親子での利用が多いように感じました。私は後方の1列側を利用です。富士交通ナイトライナーと違い、廊下部分と座席部分をがっちり分ける板状の座席シートカバーが何となく電車のコンパートメントっぽい雰囲気。

前後の席とはカーテンで仕切られているので、この点でも富士交通ナイトライナーよりも「個室感」が高かったです。

ふっかふかの厚手のブランケットと「ドリームルリエセット」が。スリッパなどが入っていました♪

そして壁面(廊下側)のポケットにな、なんとipod mini4が。車内WIFIで動画コンテンツなど見放題、らしいんですが。。。すいません、仕事で疲れてる&東京着いたらすぐ仕事なんで寝ます。。

道中、お手洗い休憩が2回あります。

ドリームルリエは停車の度にライトを点灯&車内アナウンスがありました。お陰様でいちいち目が覚めてゆっくり休めなかったんですが。。

さらに、座席のリクライニング角度に比べてフットレストのリクライニング幅が合っていないような気が。。前の人のリクライニングに合わせて、前後席を遮るカーテンも私側に近づいて。。。なんだか埃っぽかったのも残念でした。(マスクは当然しています。)

さらにさらに、前席の人がフルリクライニングさせていると後ろは外に出にくい&脱いだ靴を取りにくいです。座席スペースをがっちりと覆う板のせいで、逆に座席からの出入りが難しくなってしまっていると言う。。座席ポケットに入れたものさえも取れなくなるぐらい前席の人は深くリクライニングできるので、サイドポケットを充実させるなどの工夫は欲しかったところ。ピッチの幅がリクライニング幅に合っていないのかなーと思ったり。

加えて「お水のサービスはありません」。いや、普通は無いんだろうけれど。富士交通さんが付いていたので。。。JRも付いているんだろうなーと思っちゃったんですよね。ミネラルウォーター持っててよかったわー(苦笑

先ほどからサイドポケットがー、水が無かったーと小さなことで大騒ぎなのは、富士交通産に比べ価格が倍しているから、なんですよね。

ドリームルリエはネット割引料理金で11070円でございました。

 

JRドリームルリエ(3列・アドバンスクラス)

大阪高速バスターミナル23:00発、バスタ新宿6:59ごろ着(実際は6:40頃到着)

厚手ブランケット付きで11070円。タブレット、ドリームルリエセット(スリッパやイヤホン)あり。

充電用コンセントあり。車内WIFI。

 

短時間ながらも色々なサイトで比較したつもりでしたが。。。意外とよかったのが富士交通ナイトライナー。価格相応の居心地の良さ、限られた予算内で頑張ってサービスしようとしているなーという雰囲気があちこちに感じられて好感度・大。

今回は3列で利用だったけれど、クラスアップさせてもう一度利用してみたいな♪と思います。

逆に。。。自社サイトや口コミサイトへの積極的な投資(?)でブランドイメージは確立されているっぽいドリームルリエ。値段相応のサービス&居心地の良さを追求している??っていうカンジ。深夜バス利用者の一体何パーセントがタブレットで動画見るの??それよりも車内清掃とか付加価値のあるサービス向上を頑張ってほしいです。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA