クリスマス菓子試作第二弾。今度はピッタンピリャータ

Pocket

引き続き、時間の有る際にクリスマス菓子試作中の我が家。今回はピッタンピリャータを作ってみました。実はこれで3回目w

カラブリア州北部コゼンツァ県のクリスマス菓子ピッタンピリャータ(pitta’mpigliata)。よく、中部カタンツアーロ県のピッタンキューザと間違えられますが、まったく別ものですま、似てるっていえば似てるんですがw 本来作られていた時期や色々とこだわりの部分が異なります。

ピッタンキューザをコゼンツァやレッジョカラブリアに持ってきて「これがカラブリアのクリスマス菓子」なんて言おうもんなら。。鼻で笑われるか「この人、大丈夫かな?」と心配されるのがオチ。逆もまたしかりで、くれぐれもお間違えの無いようにw

コゼンツァ人にとって欠かせないこのピッタンピリャータ、11月に入ってから何度か試作、というか思い出す作業(?)を重ね、まぁまぁな仕上がりになってきました♪ 試作品を食べさせられる友人たち・一族の皆様にはご迷惑をおかけしているんですが。。。これもクリスマスの為、頑張って犠牲になっていただいております♪

カラブリア州をご案内するLa Terra del Sole()でも人気のメニューです♡

この一品だけはお願いする人を決めていて、ピッタンピリャータを担当するのはエミ子ことエミディオパパ。私が食べた中で、ダントツに美味しいピッタンピリャータを作ります。

今年もたくさんの方にメニューをお渡しすることが出来、日本でも「ピッタンピリャータ」が少しずつ広まればよいな♪と思う次第。12月中旬までピッタンピリャータのレッスンが入っていて、皆さんの関心の高さに驚くやら嬉しいやら。。

作業自体は簡単なので、私の課題は生地の雰囲気と味なんですが。。。これが意外と難しいんですよね。

やっぱりモスカートでないとしっくりこないというか。。
にほんブログ村テーマ 料理&お菓子&パン@手作りへ
料理&お菓子&パン@手作り
にほんブログ村テーマ おいしいお料理とお菓子@手作りへ
おいしいお料理とお菓子@手作り
このお菓子、サーブするお皿の大きさに合わせピッタンピリャータのサイズも調整します。レッスンでは2つの成型方法をご紹介していますよ~♪

12月初旬から始まるクリスマス期間中、私も何種類かの形に成型してつくります。迷ったときはエミ子にアドバイスをもらいながら、ですけどw

ピッタンピリャータは試作4回目で満足できるものが出来たのでヨシとしよう。。。

 

La Terra del Sole()でピッタンピリャータ担当のエミ子はテーブルセッティングした際の様子まで想定しながら作りますが。。。彼はもちろん例外w 田舎の郷土菓子なので気軽に作りませぅ♪

ところで。先日の試作トゥルディッリ(☆)の出来がいまいちだったので、とか言いつつ、主人がお土産と共に帰宅。仕事部屋に持ってきてくれました。

主人公認・こちらが本物のトゥルディッリでございますw

少ないのは量産できないものを強引に頂いてきたからー!

こちら、イチジクの蜜とはちみつを合わせて作ったシロップ漬けの友人A作。主人の古い友人で、主人よりもかなり年が上のAさん、お料理はあまり好きでないけれどトゥルディッリは評判の物を作っちゃうという、不思議な方。

生地のカンジと言い、シロップの出来具合と言い、私の理想の一品でコレを目指して数年経ったけれど、まだまだ足元に呼びません。レシピはもらっているのに、おかしいなぁ。。。

田舎菓子はぜーんぶ目分量なので。。。やっぱり最後に物を言うのは経験!ってこと?

ともあれ。今年のクリスマス菓子は去年のものよりも美味になるよう、あと数週間頑張りまっす!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

profile:この記事を書いている人
Sawai Eri 公式HP:La Terra del Sole( カラブリア州コゼンツァ(Cosenza)在住。通訳・翻訳家でイベントオーガナイザー。食べ歩きとスキーが趣味のAB型。司法事務所勤務の傍ら、カラブリア州をビジネス・観光で訪問する方たちを絶賛ご案内中。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ぽちっと♪