陶器の街・スクイラーチェ

カラブリア州の陶器の街・スクイラーチェ(Squillace)。州の東側、カタンツアーロ県の海を臨む小さな村です。陶器の街として古くから発展、日用品から貴族に献上される陶器まで、村中の工房が幅広く作っていたのは18世紀終わりごろまで。精緻な細工が施された作品は、ロンドンやナポリの博物館に展示されています。

カラブリア~シチリアを度々襲った大地震により工房に被害が出たり、地震を嫌った職人たちが村を離れ、18世紀以降陶器の街としての輝きは徐々に失われます。そして1908年に発生したメッシーナ海峡を中心とする大地震によりトドメが刺される形で、工房がすべて閉鎖。そのまま2回の大戦を経て、陶器製造は忘れ去られてしまいました。

こんなことじゃいかーん‼と有志が立ち上がり、技術の復活・職人制度の制定を経て、認定技術者たちの地道な努力が実り、カラブリアで唯一の「陶器の街」として認定を受けたのはつい最近。国家資格を持つ認定技術者たちにより、知名度も少しずつ上昇。カラブリアの陶器の街として少しずつ復興してきているところです。

スクイラーチェの技術の中には現代の法律では再現不可能なものもあって、現地の技術者たちが復興させているのは主に素焼きの製品。装飾品はこの色味で、日用品とする場合はガラスの釉をかけるのでつやが出ます。

教本的な技術書が失われていなかったのと、世界各地の美術館・博物館にスクイラーチェ産陶器が保管されていたことから技術の復興はさほど難しくなかったようです。ただ・・・一度失った知名度というか、「陶器の街」としての輝きを取り戻すのが結構大変みたいで。

イタリアには派手な色合いな陶器で有名な街がいっぱいあるからねー。

道路標識もスクイラーチェ産陶器が使われています。

私は、日本の素焼き鉢のような風合いで結構好きなんですが。。確かにちょっと地味かもw

丘の上の城跡といい、陶器の街として栄えた当時をしのばせる重厚なつくりの建物が非常に多いスクイラーチェ。

ラメッツィアテルメ空港から1時間ぐらいで到着できるので、私もご案内で良く訪問します。ばりっばりのカタンツァーロ訛りな村の人たちが何を言っているのかさーっぱりわかりませんが、とりあえずみんな親切w

小さな村なので30分もあればぐるっと見て回れます。

仲良くしている工房に寄って、制作過程などの見学をしていただくこともOK。ゆっくり滞在できる方は、実際に陶器製作体験もしていただけます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ