パレルモの見どころ。ノルマン王宮と礼拝堂

Pocket

パレルモ随一の見どころ・ノルマン王宮内のパラティーナ礼拝堂。歴史などの説明はここ()やこちら()にお任せするとして、要するに12世紀ごろ作られた王様専用&アラブ・ノルマン様式の壮麗な礼拝堂です。

壮麗・・・金のモザイクでキンキラキンです。キラキラしすぎで目が痛いw

王宮入口で入場券を購入。祝祭日は午前中のみオープンしているみたい。(2017年7月現在)さらに金曜~月曜は入場料が2ユーロ高くなってます。お安く済ませたいなら火曜~木曜がおススメなんですね。

さらにセキュリティーチェックが厳しくなっており、入場前に持ち物検査がありました。

おススメは午前中の早いうち。大型観光バスが到着しだすと、セキュリティーチェックなどで並びます。また、館内入場制限もゆるーくあるみたいで、私たちが帰る際に階段のココで待たされている人たちを見かけました。早め早めに訪問するのが吉~

壮麗な礼拝堂が出たところにこちらが。

精緻なモザイク、素晴らしい色使い。礼拝堂のキンキラキンに慣れた後にコレを見ても地味に見えるのかな? かなりの人が前を素通りしてしまっていましたが。。。コレもスゴイんですよ~。立ち止まって周囲を一周してみてくださいね♪

王宮内は州議会が使っていて、なるほどシチリア!な様子w 議事堂も見学することが出来ます。

個人的に、この対訳を見ることが出来たのが嬉しかった♡ ラテン語・古代ギリシャ語・アラビア語で同じような内容が書かれているはずなのに。。「××語」という言葉が持つイメージ通りの対訳で、興味深かったです。実物をやっと見れた♡

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

profile:この記事を書いている人
Sawai Eri 公式HP:La Terra del Sole( カラブリア州コゼンツァ(Cosenza)在住。通訳・翻訳家でイベントオーガナイザー。食べ歩きとスキーが趣味のAB型。司法事務所勤務の傍ら、カラブリア州をビジネス・観光で訪問する方たちを絶賛ご案内中。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ぽちっと♪