「カラブリア州郷土料理」は存在するのか

結論:存在しませんw

理由は歴史を見れば一目瞭然なので、軽くカラブリア州史のおさらいなどを。
古代ギリシャ時代にもすでに「カラブリア」の名前が存在していたイタリア半島南部のなんだかカラブリア州っぽい地域で、「カラブリア州」が今の形になったのはなんと1970年(イタリア国内の州が現在の形に制定された年)。その間「カラブリア」と呼ばれていた地域は、現在に比べはるかに広大でした。

はい、こちらがギリシア人が作った地図。現在のカラブリア州とプーリア州南部がカラブリアと呼ばれていた頃の物。
そして東ローマ帝国支配下の時代、1045年作といわれている地図がこちら。


イタリア半島南部に2つの州があるものの、カラブリア州はバシリカータ州とプーリア州の一部を含んだ超・巨大なエリアとなっています。
その後のノルマン人の進行・ナポリの台頭・シチリアの台頭などなど、もぅ色々あってぐっちゃぐちゃだった中世を経て、近世に入るとナポレオン(仏文化)まで来ちゃいましたが・・・この時代まで、カラブリア州はバシリカータ州とプーリア州一部を含んだ広大な州でした。田舎だからね。大きな州でざっくり管理されてたのねw

1860年8月末日、コゼンツァ市にガリバルディ到着。1861年のイタリア建国の際にバシリカータ州が作られ、カラブリア州は州内に3県(コゼンツァ・カタンツァーロ・レッジョカラブリア)を持つ「州」と定められ、1947年州法成立により正式に「州」となり、1970年に現在の形が改めて州法により定められたわけです。
途中戦争も挟んだけど・・ガリバルディ来てから時間かかったね!

はい、ここで題名の「郷土料理は存在するのか」に戻ります。
州として成立してからの時間が短すぎる&広大なエリア内でそれぞれの地域でそれぞれの食文化が発達した、ので、カラブリア州単位での郷土料理は存在しない(極論すれば、州内の県単位でも「県郷土料理」と呼べないぐらいのバリエーションがある)。これが在住者として日本の皆様にお伝えできる「正しい形」だと思っています。おかげさまで宣伝しにくいしご案内しにくいです(涙

常に支配される側だったカラブリアは、ある意味それぞれの支配者の領土境界が接する場所でもありました。カラブリア北部はフランス宮廷文化の恩恵を受けてたけれど南部はトルコ経由のアラブっぽい文を満喫中♪なんて時代も長く、現在の「州」としての塊で文化背景を見たときにその統一性はいっさいありません。まあねー、現在の州としてはここ50年程度の歴史しかないから。。仕方ないよねー。

なので。。。全てにおいて「これ、カラブリア州郷土料理!」と言われると、すっごく違和感があります。それ「カラブリア州の××の郷土料理でしょ?」と。
カラブリアと縁が出来てから長いですが、名前や形状が違っても州全体で消費されている食べ物/お料理が・・・実は思いつかないんですよね。特に州北部コゼンツァと州南部レッジョカラブリアの文化差は、もう行き来にパスポートがいるんじゃないかと思うぐらいありまして。例えばコゼンツァの食べ物をレッジョカラブリアに持って行って「これが州の郷土料理だ!」って言ったら。。。レッジョカラブリア人に袋叩きですよw


カラブリアと言ったら!な辛いサラミ・ンドゥイヤ(’nduja)も、実は州の中西部でのみ作られていた地方限定のサラミでした。コゼンツァで見かけるようになったのはごく最近になってから。もしかすると、この10年ぐらい。(コゼンツァ県内でたまーに好きで作っている方も見かけますが、あくまで例外ね。)
このサラミ・ンドゥイヤ(’nduja)を「カラブリアの郷土食だ!」って言ったらコゼンツァ人は「は?オレたち食べないし!」ってなりますよw カラブリア産の有名食材である、とは認識してますが。。。郷土料理じゃない。郷土食じゃない。彼らはいちいちそんなことを外に向けて発信しないし、たまーに「これがカラブリアの郷土料理です!」と見慣れない料理紹介されてても「おやまぁ。」と生ぬるく笑っているだけですw
生ぬるく笑われているのですよ! カラブリア人に! ちょっと悔しいじゃないですか!

そろそろやめませんか?「カラブリア州郷土料理」という安易な名称。正しく「カラブリア州××の郷土料理」と伝えてみませんか?という、ほんっとーに小さな私の声に耳を傾けてくださる人たちもいて、少しずつですが日本でも「カラブリア州の××県のお料理ですよ」とご紹介いただけるようになってきました♡
「州の郷土料理って言った方がお客様にアピールできるのに!」とプンプンしながらも(←笑)協力してくださる先生や、「なるほどね!」と言ってくださる方たちが増えてきました。
みなさま、微妙なトコロをご理解いただいて本当にありがとうございます♡ 微力ながら今後も「カラブリア州郷土料理じゃないよ! 州の××の郷土料理だよ!」っていう、誰がそんな細かいところ気にしているの?なピンポイントを大切にw ご案内していく所存です~

これもある意味郷土愛だよねってお客様に指摘されて。。。妙にしっくりきましたw