私がカラブリア州在住になったわけ

 

東京生まれの東京育ちな私。一応都会なボローニャ市旧市街地に住んでいたのに、なぜカラブリア州コゼンツァ(Cosenza)市在になったのか。
コゼンツァに移住したくなっちゃうかも?な、理由の一覧です。文字ばかりですが、ご興味のある方はどうぞ♡

✅ コゼンツァは空気が美味しい!
コゼンツァの裏山は「ヨーロッパで一番空気の良い場所」にも選ばれたシラ(Sila)国立公園。車で15分の距離です。
温暖な気候のため暖房もガンガン炊く必要が無く、暖房排気による空気汚染は最小限。街中はそれなりに車の往来は多いけれど近隣に重要な工業地帯も無く、さらにセメント・陶磁器系の空気がすっごく汚れる工場が50㎞圏内にはないので。。。ボローニャとは比べ物にならないほど空気がきれい。夕方になると山風が吹き下りてくるし。
ボローニャいたころは、特に冬季は鼻の穴が真っ黒&朝洗った髪の毛がケムリ臭くなるほどの空気で。。。犬の足もすぐに真っ黒に。
健康にはコゼンツァの方が良いんでないの?ってわけです。暖房もガンガン炊く必要が無く、暖房排気による空気汚染は最小限。街中はそれなりに車の往来は多いけれど近隣に重要な工業地帯も無く、さらにセメント・陶磁器系の空気がすっごく汚れる工場が50㎞圏内にはないので。。。ボローニャとは比べ物にならないほど空気がきれい。夕方になると山風が吹き下りてくるし。

✅ コゼンツァはご飯が美味しい!
ボローニャでも相当郊外まで美味しい野菜を求めに行ってた我が家。それでも、ボローニャの野菜の味の薄さには毎度涙目でした。唯一ボローニャ界隈で「ここのモノがコゼンツァより美味しいかも!?」と思えたのはサクランボ🍒かな。
ボローニャは、お金を出せば美味しい・良い食材が手に入る街。
それに引き換えコゼンツァは、そこいら辺で売っている野菜が美味しいですんで。。すいません、食いしん坊にはコゼンツァの方が住みやすいです。

✅ コゼンツァはお財布に優しい!
以前ワンコにかかる費用で比較してみたけれど(カラブリア暮らしはお財布に優しいのか。犬の固定出費で見てみよう!)、コゼンツァではボローニャの時に比べ食費が約2分の1になりました。外食費も安くなったので・・トータルに考えるとボローニャの3分の1。
収入は全く変わらず。そして家のサイズは約4倍になったけれど税金関連はほぼボローニャ時代と同額なので、結果的に相当な負担減。お財布に優しい街です♡

✅ コゼンツァは本音の街!
店員さんとのコミュニケーションが全くないファストファッションのお店も増えたけれど、コゼンツァには老舗のセレクトショップがまだまだ健在。「その服、お客様には似合いません」と言えるプロの店員さんたちが健在です。シャツ1枚選ぶに何時間もかけるThe・イタリアなお買い物が好きな私、コゼンツァでのお買い物をエンジョイ中。。。
厚かましいカラブリア人は結構きわどいこともズバズバいう人が多く、これが意外と面倒くさくないw
イヤなら嫌と、好きなら好きと言える環境って暮らすの楽ですよ♪

✅ コゼンツァは温暖!
ボローニャに比べて、ですがw ボローニャの夏の太陽光の弱さ、そのくせ蒸し暑いっていう。。。冬はじめっと天気が悪く霧も出て、古傷が痛い天気のボローニャ。(盆地のはずれだからね)
やっぱり、お日様いっぱい・冬も温暖な場所の方が住みやすいですなーw

✅ コゼンツァは海まで30分、山まで30分!
コゼンツァから海岸線まで車で20分ほど、スキー場まで車で30分ほどです。ウチの海の家まで30分ぐらい。美しい海岸線が広がり、しかも人が少ないw
引き換えボローニャでは、、、海へも山へも時間かかりましたねぇ。。(スキー場まで2時間弱)

結論として
なんか人間らしく生きられそう。これが私のコゼンツァ移住の動機です。
ほとんどの人たちが仕事場~自宅の距離が30分圏内での生活。たいていの職種で昼食時間はたっぷり3時間~4時間あります。昼食時間が短いと17時には上がれるし。
ゆったりと暮らし、家族との団らんの時間を十分持てる。
美味しく健康的な暮らしを安価ですることができる。
大きな街で便利に暮らすのも良いけれど、私にはゆっくりした生活が魅力的に感じます。
まぁねー、北部イタリア大都市の「便利な生活」も、東京での生活に比べたら相当不便w。便利なことは一時帰国の際に満喫すればいいやーっていうのも本音だねぇ(笑

ちなみにコゼンツァのダメな点と我が家の解決方法
・医療面で北部に劣ります。大きな・複雑な手術の場合はナポリ・ローマ・ボローニャ・ミラノの大病院に入院するのが普通。
→ 義姉や親せきが医者なので、イタリア中に医師ネットワークがあり問題クリア。これがなかったらカラブリアで病院難民になる可能性もあったかな。
・公共サービス面で北部に劣ります。ボローニャのような大きな市営図書館は無い!(と言われています。)
→ そりゃね。ミラノはイタリアじゃないからね。ミラノと比べちゃいけないね。
最近のコゼンツァは公共バスサービスは安定しており、ボローニャと比べてあまり不便を感じない。。。公共サービスに限って言えば、ボローニャもコゼンツァも目くそ鼻くそw ボローニャってそんなに凄かった??ぐらい。公務員さんの質も、コゼンツァの方が人間的に接してくれるので・・・絶対コゼンツァがいいです♪ この北部神話、どーなのよ?
・若年層の求人倍率ひどすぎます。新卒~30歳ぐらいまでの若年層の失業率は20~40%と言われています。(なんでこんなに数字に幅があるのか。それはちゃんと調査していないからよ♡)
→ 仕事面についてクリアできたっていうのも移住を後押ししました。仕事の確約がなかったらカラブリア移住は絶対無理~!

完全移住からそろそろ1年。
もう毎日が楽しくて楽しくて、美味しくて。とことんMy home town・Cosenzaラブ♡なのです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ