イタリア人の技術力を見た! マルケ州の製粉所(兼B&B)

Pocket

イタリア中東部のマルケ州・13世紀ごろ作られた製粉所にて。水量が少ない地域の典型的な動力の得方を今に伝える製粉所です。カラブリア州では見られない製粉の仕方にびっくりしてきましたw

訪問したのは、マルケ州北部山間部の洞窟を拡張して作られた製粉所。奥の方が鍾乳洞みたいになってます。かつて500人に1か所の割合で存在したという製粉所。人口当たりの製粉所数としてはカラブリアとほぼ同じね。(コゼンツァ県では300~500 人に1か所)

ご案内は当主のおじーちゃん。家具職人でもある当主が、施設地下部分を見せてくれます。

カーネ×サンダースみたいな笑顔が素敵なご当主でした♡

こちらが石臼を回すための動力部分。

左側の穴(水路)から水が出て、右側に水平に置かれた車輪を横回し。車輪が回ることで上の部分に垂直に動力を伝えていたわけです。

車輪などがないので、書いてみた!

こんなカンジ。

水車を水平方向に回すんですね。。。スペースの関係でこうなったみたいです。

利用済みの水を流す水路も手彫り。

さらに水車小屋としての仕事が増え、規模を大きくした経緯もあり、この水路の先にも同様の動力部分があったんだそう。

ちなみにこの水路。大人が横になってやっと通れるぐらいの大きさです。。。手彫り。。

現在はのどかなのどかなB&Bになっています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

profile:この記事を書いている人
Sawai Eri 公式HP:La Terra del Sole( カラブリア州コゼンツァ(Cosenza)在住。通訳・翻訳家でイベントオーガナイザー。食べ歩きとスキーが趣味のAB型。司法事務所勤務の傍ら、カラブリア州をビジネス・観光で訪問する方たちを絶賛ご案内中。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ ぽちっと♪